会計士に転職をするのに必要なスキル一覧表

JOB

熱意と体力が重要

バス

なるための資格や手段とは

バスの運転手になるには、学歴はさほど重要ではありません。基本的に求人は常にあることが多く、学歴よりも熱意と体力が必要とされます。とはいえ、全く条件がないわけではありません。バスの運転手になるには、バスを運転するための資格が必要なことが多いです。バスを運転するためには、大型二種自動車免許が必要であり、大型二種自動車免許をとるには普通自動車免許か大型一種自動車免許をとった上で通算三年以上の期間がたっていることが必要です。大型二種自動車免許を取得していなくてもOKな会社も多いですが取得していれば有利なのは間違いありません。会社で取得費用を出してくれるところも多いため、取得していない場合はそうした条件から探して選ぶのもよいでしょう。また、最低限の資格として高卒以上の資格や普通自動車免許が必要なところが大半です。大卒資格を求めている会社もまれにあります。バスの運転手になるには、どういった働き方をしたいか考える必要があります。大きく分けて、乗り合いバスと観光バスに分けられます。枠はわずかですが、公営バスの運転手として公務員になるという方法もあります。路線バス会社や観光会社に就職することになります。ハローワークや求人雑誌などに求人がのっていることが多いので、そういった媒体で探せば見つかります。車体や車内広告にのっていることも多いです。民間の会社は、時期を問わず募集していることが多いため、問い合わせ後に応募、面接となります。